はじめに  
DAZ STUDIOとは?  

基本  
インストール方法   基本操作  

各種機能  
ポージング  

覚書一覧 (登録数:15)   更新履歴
最近のダズスタ覚書
過去のダズスタ覚書
新着ダズスタ覚書

DAZ STUDIOの簡単ポーズ設定

DAZ STUDIOのポーズの使い方 PowerPoseとActivePose連携
↑2019年最新のDAZ STUDIOポージング方法

DAZ STUDIOでのポージングは、Poserよりもやりやすい。
慣れもあるが、今回は、「こうやるとポーズつけやすいよ!」という手順を紹介してみたい。

大きな流れはこんな感じだ。

  • 今から作ろうと思っているポーズに近い、出来合いのポーズデータを適用する。
  • Active Poseで大まかなポーズを決める
  • PowerPoseで微調整

 

さっそくやってみよう。

フィギュアをシーンに呼び出してある前提で話をすすめる。

 

画面上部の「Pose&Animate」タブをクリック
Posingタブから、好きなポーズをダブルクリックして適用する。

 

20130918.006

 

これでまあ、当たり前だがある程度のポーズが出来る。
これを調整して、「作りたいポーズ」へと仕上げていくのだ。

まずは、荒く仕上げるためのツール。

 

メインメニューから「Tools」→「ActivePose」を選択

 

20130918.007

 

このActivePoseをonにした状態で、フィギュアの手足をドラッグしてみよう。
多少のなれが必要だが、割と思ったとおりにフィギュアを関節を動かせないだろうか?

 

20130918.008

 

とりあえず、思い通りに動かない箇所は放っておいて、いったん荒くでいいのでポーズを仕上げよう。

私は、走りのポーズをよりデフォルメした感じにしてみた。

 

メインメニューの「Window」→「Panes(Tabs)」→「PowerPose」を選択

20130918.009

 

人体のツボマップ、みたいなパネルが現れる。

 

緑の点の部分をドラッグして、ポーズの微調整を行う。

20130918.010

 

このPowerPoseには更に大きな意味があり、
狙った箇所を、「間違えて選択することなく」一発で操作できるのだ。

 

Poserもそうだが、DAZ STUDIOも狙い通りの箇所をフィギュア直接クリックで操作するのは難しい。
手前の腕を選択しようと思ったら、反対側の腕を操作してしまっていた、とかないだろうか?

私は未だによくある。

 

私は、首の角度の調整と、握りこぶしの親指が不自然だったのを直し、
全力疾走してる感じのポーズに仕上げた。

 

20130918.011

 

これで出来上がり。

「ポーズをつける」というのは、DAZ STUDIOの基本だと思うので、よく練習しておいて欲しい。

関連:


▲このページのトップへ戻る